銚子の底魚

代表的な底魚の紹介






ヤリイカ


メヒカリ(アオメイソ)

ハナタイ

ミズタコ
ヤリイカの糸づくりの刺身は、甘
く柔らかく絶品、春になると子持
ちになり、真子も絶品。煮付け、焼
き物、茹で、ソテーなどにしても
美味しいです。

ヒカリは、10センチ前後の魚で、
唐揚げにすると頭も食べられて美
味しいです。

日本人になじみの深い魚の代表で
あり、腐っても鯛といわれるほどの
魚です。祝儀用として使われる代表
的な魚です。

タコは、ほとんどは茹でて食べ
ますが、刺身としても食べま
す。酢の物、すし種、おでん種、
他用途が多数あります。




子持ちやなぎ


のどぐろ(アカムツ)

しょうさいふぐ

あんこう
やなぎむしかれいは、干物として
食べるのが、最適です。身の真ん
中にタテに包丁目を入れると、焼
いて食べるときに見離れが良く
食べやすいです。

のどぐろは、肝臓(キモ)と一緒に
煮ると大変おいしく、干物にしても
美味しいです。高級魚として扱わ
れています。

ふぐを捌くには、ふぐ調理師免許の
資格が必要です。毒性のある皮と内
臓を除去して本身だけを利用しま
す。正月には、雑煮にしたり、から揚
げも美味しいです。

冬が旬で、身質はやわらかい
白身でクセがなく、皮はゼラ
チン質、肝はアン肝として珍重
されています。鍋物が最適で、
七つ道具(肝、卵巣、尾ひれ、
エラ、胃、肉、皮)を使って、肝
を味噌ダシに溶いて作るのが
代表的です。肝を加えた酢味
噌で食べるのも美味しいで
す。





アナゴ


マルガ二(ヒラツメガニ)

越中ばい

マアジ
最漁期は冬で、料理としては、天
ぷら、白やなぎ、蒲焼、八幡巻な
どに適しています。ささがきごぼ
うと合わせて柳川風に仕立てて
も美味しいです。下ごしらえの段
階で、皮に熱湯をかけヌメリを取
り除くと臭みがなくなります。

小型のカニで、最漁期は秋です。
身は甘みがあり、味噌にはコクが
あります。独特の旨味をもつカニ
です。料理法は、茹でが一般的で、
茹で方は甲羅を下にして、腹ぶた
に塩一つまみ入れ、水から茹でる。
茹で時間の目安は沸騰後12分位で
す。味噌汁や甘辛く煮つけても美
味しいです。

茹でて、身を取り出しヌメリを取り、
小切れにしてタレ(三杯酢等)を付け
て食べたり串に刺して付け焼きにも
します。火の通し過ぎは身を固くす
るので注意します。

マアジは体側に固いゼンゴ(楯
鱗)が一列に並んでおり、皮は薄
く骨はあまり固くありません。刺
身、焼く、みそたたき、唐揚げに
しても美味しいです。